このアプリについて

このアプリは地下鉄内での痴漢行為・迷惑行為が発生した時に『周囲に知られることなく』スマートフォンから周囲(半径数メートル)にいるユーザーへ通報することができるサービスです。

ヒートマップ

また、その通報データを集積し時刻表などのオープンデータと連動することにより、自分が今乗ろうとしている車両で近い時期・時間帯に痴漢が発生している頻度などが一目で分かる”ヒートマップ”が生成・公開されます。

乗客個人としてリスクを回避できると同時に、ヒートマップの存在自体が抑止力となることが期待できます。

 
GPSが届かない地下鉄で使える

iBeaconという近距離通信の仕組みを使っているため、GPSが届かない地下鉄などでも利用できます。

被害を訴えることによるリスク・不安

特に配慮したのは、痴漢されていることを周囲に知られることへの心理的ハードルです。「はずかしい」「こわい」「急いでいるので事情聴取などの時間が無い」「間違いだったらどうしよう」など痴漢に対して声を上げられない被害者の心理状態には様々なケースが考えられますが、いずれにせよ男性が想像する以上に超えなければいけないハードルは高いものです。

またハードルの高さに加え、被害者にとっては通報の後にとってほしい措置はひとりひとり違うのではないでしょうか?警察に突き出して逮捕して欲しい場合もあれば、そこまで求めない場合もあるでしょう。たとえば、「この電車の7両目で迷惑行為が発生しているようです。周囲でお困りの方がいないかご注意・ご協力のほどお願い申し上げます。」といったアナウンスが車内で流れるだけで十分かも知れません。どの車両か特定されるだけでも、犯人にはプレッシャーとなり、抑止効果が期待できます。

男でもチカンに遭う

実はこの企画は開発者個人(男性)の体験がもとになっています。

中学・高校と電車に乗って学校へ通っていたのですが、しばしば痴漢にあうことがありました。男でも痴漢されるというのは大変気持ちの悪いものですが、当時まだピュアでシャイボーイ(笑)だった少年は声を上げることはできませんでした。そもそも、男のくせに痴漢されるということを人に知られる事自体を恥じる気持ちや、逆切れされたらイヤだな、など色々な感情があったように思います。


よく思い起こしてみて気が付いたのは、「人に知らせること自体のハードル」はかなり高いということです。周りに知らせずに済み、尚且つ、そもそも迷惑な輩に遭遇しないで済む手段があればこんなに良いことは無いだろうと強く思い、当サービスを発案するに至りました。


「みんなが安心して乗れる地下鉄」を実現するため、継続してサービスの向上に努めてまいります。

開発・運営

このアプリの開発・運営はSmall Media [http://small-media.jp ] が 行っています。

プライバシー

個人情報の取り扱いについては こちらを御覧ください。

なお、このアプリでは個人を特定できるデータは一切、扱っていません。